LYKKEみいけ パーキンソン病をはじめとした
神経難病の方のためのシェアハウス

メニュー

LYKKEみいけ

堺市南区御池台にて
令和6年1月22日オープン

あなたらしさのを、かせよう

LYKKE(リュッケ)とは、デンマーク語で
「幸せ」という意味を持つ言葉です。
病気や障害があっても、死の直前でも、
自分らしく幸せに暮らせる場所を作りたいと思い
名づけました。

新着情報

LYKKEみいけ?

LYKKEみいけの設立経緯と思い

LYKKEみいけ LYKKEみいけ
代表理事 梶原 崇志

代表理事 梶原 崇志 祖母がパーキンソン病で長年介護したことがきっかけで、神経難病の在宅医療を行う医療機関や、訪問看護の運営を行う。堺市におけるPD患者会「堺のびやかクラブ」の運営幹事 2023年秋、大阪府堺市御池台にパーキンソン病をはじめとした神経難病の方のためのシェアハウス「LYKKEみいけ」を開設予定

家族の話

私の祖母はパーキンソン病でした。50歳くらいの頃から発症し、80歳で亡くなりました。当時は介護保険もなく、田舎でしたので、リハビリも受けられず、65歳くらいから寝たきりに近い状態になりました。
私は祖父母にとって初孫で、よくかわいがってもらっていました。
祖母は思うように体が動かせず、よく「ごめんな」と言っていました。
祖父は慣れない介護が大変でストレスがたまり、イライラしていることがありました。

誰も病気になりたくてなったわけでないし、誰が悪いわけでもないのですが、介護が長く続くと家の中が暗い雰囲気になり、なんとも言えない思いを子供ながらに感じていました。

私は、そのような経験から、今度も同じような思いをする人が増えるとしたら、大変な世の中になるなと思いました。それが、在宅医療の業界で働くきっかけになりました。

イラスト

専門的ケアの重要性

私は、医療機関で働くうち、専門的ケアの重要性を実感しました。

神経難病はいまのところ完治するものではありませんが、ケアの手法によって生活の質を向上させることができる。祖母も診断当初から継続的にリハビリをし、適切な薬剤の投与を受けていれば、寝たきりにはならなかったのかもしれない。そのように考えると、専門的ケアを利用できることはとても重要なことだと思いました。

イラスト

高齢者住宅の領域への関心

ずっと自宅で暮らせるとよいのですが、難しい事情もあるかと思います。祖父による自宅での介護は限界を迎え、私の祖母も堺市内のケアハウスに入所しました。

2010年当時、疾患や症状に理解のある住まいを探しましたが、見つかりませんでした。

そして現在、運営に関わるパーキンソン病患者会で聞いてみても、専門的ケアを提供する住まいは今もなく、困っているとのことでした。

そのため、いつか専門的なケアが提供できるすまいを作りたいと思っていました。

イラスト

自分らしい暮らし

専門的なケアはとても重要です。
しかし、それはあくまで幸せな暮らしを獲得するための手段にすぎません。
人が生きる目的は、突き詰めれば、自分らしく幸せに生きることだと思います。
それは、病気や障害があっても変わらないものだと思います。

しかし、専門性は、その目的を置き去りにすることがあります。
例えば、専門的な見地から言えば、〇〇をしてはいけない、といった考え方です。
病院など短期間で救命をするといった目的があれば優先される考え方かもしれません。

しかし、少なくとも住まいにおいては自分らしい意思決定こそが優先されるべきものだと思っています。
私の祖母が口から食事をとれなくなって、誤嚥性肺炎で入院した時、若い病棟主治医から「胃瘻を作らないと餓死するがどうしますか?」と言われた事があります。
このようなコミュニケーションが、目的と手段の逆転を生む典型的なパターンだと思います。 その医師に悪気はないと思いますが、できればその時は、「本人らしく生きるために、何を大事にしますか?」と聞いて欲しかった。

この手のものは絶対的な正解のない問いです。
しかし、過去を振り返ったとき、「これでよかった」と納得できる意思決定となることが、重要ではないかと思います。
専門的ケアは、あなたらしさを支えるためにあるということを、忘れてはいけないと思います。

イラスト

楽しく暮らす

私も在宅医療機関で勤務してきましたので、暮らすなら自宅の方がいいと思っています。 しかし、様々な事情で難しくなることもあると思います。体は少しずつ動かなくなってきますし、ご家族も介護のためだけに時間のすべてを使えるわけではありません。私自身そうでしたので、よくわかります。

祖母は、音楽と子供が好きで、それらと触れ合うとき、体がよく動いていました。
入所するのは気乗りしないだろうなと思っていましたが、楽しそうな笑顔が見られた時、すこしホッとするような気持ちになりました。

LYKKE みいけは、パーキンソン病を始めとした神経難病の方の医療介護付きシェアハウスとして、出来るだけ家庭的な雰囲気を保ち、暮らしの場としての魅力を失わないようにしたいと思います。趣味などもできるだけ続けて、地域の方とも関わっていただきたいと思います。
もちろん、集団生活ですので、思い通りにならないこともあると思います。
しかし、そういうことも含めた暮らしの楽しさを感じられるようにしたいと思います。

イラスト

入居・採用についてのご質問などお気軽にご連絡ください

050-3635-0802
お問い合わせフォーム

電話にはすぐに出られない場合がございます。折り返しご連絡するように致しますが、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと確実です。

LYKKEみいけについて

パーキンソン病を始めとした神経難病の方の、
医療介護付きシェアハウスです。

「専門的ケア」「あなたらしさ」
~誰もが自分らしく暮らせる住まいを~

イラスト

入居・採用についてのご質問などお気軽にご連絡ください

050-3635-0802
お問い合わせフォーム

電話にはすぐに出られない場合がございます。折り返しご連絡するように致しますが、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと確実です。

御池台の地域紹介

大阪府堺市の御池台は地域交流や地域活動が盛んな地域です。
若者の移住者も多く見られ、将来の少子高齢化問題にも取り組まれています。

アクセス

〒590-0134 大阪府堺市南区御池台3丁1-4 LYKKEみいけ

泉北高速鉄道 栂・美木多駅より南海バスで約10分

駐車場は地域会館の共同駐車場をご利用ください

お知らせ

LYKKEみいけ内覧会 2023.12.20NEW LYKKEみいけ内覧会を開催いたします。
パーキンソン病をはじめとした神経難病の方のためのシェアハウス LYKKEみいけ(リュッケみいけ)開設に伴い、内覧会を開催いたします。予約制となります。詳細はこちら»
難病の方が暮らすシェアハウス、LYKKEみいけ立ち上げプロジェクト 2023.11.04 クラウドファンディングに挑戦します!「難病の方が暮らすシェアハウス、LYKKEみいけ立ち上げプロジェクト」
2023年11月4日クラウドファンディングサイトREADYFORにて、クラウドファンディングに挑戦します。詳細はこちら»
講演会 2023.10.01 【講演会】介護施設で穏やかに最期まで過ごすことを考えるin堺:11月4日(土)
「介護施設で穏やかに最期まで過ごすことを考えるin堺」と題して、長尾和宏先生をお招きし講演会を開催します。
お気軽にご参加ください。詳細はこちら»
入居説明会 2023.08.30 入居説明会を開催します。
入居説明会の参加お申込み受付中です。当事者の方、ご家族、ケアマネジャー、訪問看護師などに向けた説明会となります。
9月29日(金)栂文化会館
10月19日(木)河内長野ノバティホール
10月20日(金)和泉コミュニティセンター
10月26日(木)堺総合福祉会館
お気軽にご参加ください。詳細はこちら»
インタビュー 2023.08.29 【動画】御池台の戎谷連合自治会長にインタビューさせていただきました
御池台について、LYKKEみいけや難病の方と地域との関わりについてなど伺いしました。是非動画をご覧ください。
上棟式/餅まき 2023.07.29 7/29(土)LYKKEみいけの上棟式/餅まきを行いました!
パーキンソン病当事者の方、御池台の皆様にご参加いただき無事に上棟式餅まきを行うことができました。ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた方々、ありがとうございました。
RSB堺クラス体験会 2023.07.27 7/27(木)ロックステディボクシング堺クラスの体験会を開催しました。
パーキンソン病患者・家族の会 堺のびやかクラブ様にご協力いただき、同会の交流会にてRSB堺クラスの体験会を開催しました。
上棟式/餅まき 2023.07.16 7/29(土)LYKKEみいけの上棟式/餅まきを行います!
パーキンソン病をはじめとした神経難病の方のためのシェアハウスLYKKEみいけの上棟式を7/29(土)に行います。また、上棟式にLYKKEみいけの工事の無事と安全を祈って餅まきを行います。
全国パーキンソン病友の会大阪府支部総会 2023.05.07 全国パーキンソン病友の会大阪府支部の総会・講演会を見学させていただきました。
全国パーキンソン病友の会大阪府支部の会員の方よりお誘いいただき、総会・講演会に参加しました。
堺のびやかクラブ交流会 2023.04.27 パーキンソン病患者・家族の会「堺のびやかクラブ」交流会に参加しました。
LYKKE代表の梶原が運営のお手伝いをさせていただいている、パーキンソン病患者・家族の会「堺のびやかクラブ」。4月交流会は「文部省唱歌を歌おう!」元音楽教諭 小川佳延先生による歌の会でした。
LYKKEみいけ駄菓子屋開店に向けてイメージ写真撮影 2023.04.05 LYKKEみいけ駄菓子屋開店に向けてイメージ写真撮影を行いました。
堺市中区のあいの商店さんにご協力いただき、LYKKEみいけに併設する駄菓子屋のイメージ写真撮影を行いました。モデルはパーキンソン病当事者の方と子供たち。
堺のびやかクラブ交流会 2023.03.23 パーキンソン病患者・家族の会「堺のびやかクラブ」交流会に参加しました。
LYKKE代表の梶原が運営のお手伝いをさせていただいている、パーキンソン病患者・家族の会「堺のびやかクラブ」。3月交流会は堺市介護保険課 越川係長さんと樋口さんによる介護保険制度についてのお話を伺いました。
ROCK STEADY BOXING WTS JAPAN 2023.03.09 LYKKEなメッセージ更新
ROCK STEADY BOXING WTS JAPANさんからのメッセージを掲載しました。
LYKKEみいけ 2023.03.03 よくあるご質問に内容を追加しました。
皆様よりお問い合わせいただいた内容をもとに、よくあるご質問ページの内容を追加・更新しました。
LYKKEみいけ全国パーキンソン病友の会大阪支部説明会 2023.02.18 LYKKEみいけの説明会を行いました。
全国パーキンソン病友の会大阪支部「水仙会」にて説明会を行いました。
水上 幸義 2023.01.30 LYKKEなメッセージ更新
パーキンソン病患者・家族の会 堺のびやかクラブ代表世話役 水上 幸義さんからのメッセージを掲載しました。
みいけキャンドルナイト 2022.12.18 みいけキャンドルナイトに出店しました。
御池台自治会主催の「みいけキャンドルナイト」に合わせて竹灯籠ワークショップを行いました。
堺のびやかクラブ交流会 2022.11.24 パーキンソン病患者・家族の会「堺のびやかクラブ」交流会に参加しました。
LYKKE代表の梶原が運営のお手伝いをさせていただいている、パーキンソン病患者・家族の会「堺のびやかクラブ」。11月交流会は堺市医療年金課後期高齢者医療係の坂口係長による後期高齢者医療制度についてのお話を伺いました。
地鎮祭 2022.11.22 地鎮祭を行いました。
多治速比売神社の神主さんによるLYKKEみいけの地鎮祭が厳かに行われました。
戎谷 悦子 2022.11.15 LYKKEなメッセージ更新
御池台校区連合自治会会長 戎谷 悦子さんからのメッセージを掲載しました。
近隣説明会 2022.11.12 建築計画の近隣説明会を行いました。
御池台校区連合自治会会合にて、LYKKEみいけ建築計画の近隣説明会を行いました。
狩野 良太 2022.11.09 LYKKEなメッセージ更新
Rebe東吉野 管理人 狩野 良太さんからのメッセージを掲載しました。
初期入居キャンペーン 2022.11.07 初期入居キャンペーン
詳細はお気がるにお問い合わせください
採用ページ 2022.11.01 採用情報を更新しました。
エンゲージにて採用情報を掲載しています。興味を持たれた方は是非ご覧ください。

お問い合わせ

入居・採用についてのご質問などお気軽にご連絡ください

050-3635-0802
お問い合わせフォーム

電話にはすぐに出られない場合がございます。折り返しご連絡するように致しますが、お問い合わせフォームからご連絡いただけますと確実です。

facebook twitter インスタグラム